プレス

PRESS

マイクロソフトのスタートアップ支援プログラム 「Microsoft for Startups」に採択されました。

2021/02/09

株式会社アーリーワークス(本社:東京都台東区上野、代表取締役:小林聖、以下、「アーリーワークス」)は、
マイクロソフトコーポレーション(本社:米国ワシントン州、以下「マイクロソフト社」)が提供する「Microsoft for Startups」に採択されました。

今後の当社の取り組みについて

アーリーワークスはマイクロソフト社と協業し、弊社独自のブロックチェーン基盤GridLedger System(以下、「GLS」)を活用した超高速次世代型ハイブリットデータベースのAzure環境での最適化を行い、Azureのお客様に向けたサービスを展開し事業を強化してまいります。


◆Microsoft for Startupsとは

世界140カ国以上で展開されているマイクロソフト社が提供する新しい顧客やチャネルパートナーとスタートアップを結び付け、グローバルなエコシステムを作り上げることを目的としたスタートアップ支援プログラムです。

当プログラムに採択されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとするテクノロジーのサポートに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。

詳細ページ:https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/default.aspx

 

◆Microsoft for Startups採択の背景

弊社独自のGLSを活用した超高速次世代型ハイブリットデータベースのさらなる製品の品質向上ならびに、これまで以上に多くの企業の皆様にご利用いただくために、マイクロソフト社のプラットフォーム及びネットワークを活用させていただくこととなりました。


当社の持つブロックチェーン基盤(GLS)とは

これまで伝統的に利用されてきたデータベースのような中央集権技術と新しい概念として登場したブロックチェーンの持つ分散技術を細かい粒度で分解及び解釈し再構築を行ったハイブリットブロックチェーンシステムです。

既存のブロックチェーンの技術的な常識では不可能とされてきた、セキュリティとストレスのない処理速度を両立させた「次世代型ブロックチェーン」となっており、AIIoTなど新しい時代を創る技術を次世代のインフラ技術としての提供を目指し、アーリーワークスが昨今最も力を入れており、今年に入り他企業ともアライアンスによる技術拡販を進めている技術となります。


超高速次世代型ハイブリットデータベースとは

高い改ざん耐性や情報の透明性を低コストで実現するブロックチェーンの優位性と従来のデータベースインタフェース追従により非金融系領域においてブロックチェーン導入の容易さを新しい技術で実現します。

非金融系領域にブロックチェーンを適用するうえで、処理速度やセキュリティ面、開発および保守過程において利用するインタフェースの専門性の高さなど、様々な課題があります。

これらの課題を解決するために、弊社独自のブロックチェーン基盤(GLS)と汎用性の高いSQLインタフェースを採用することで、汎用型データベースとしてアプリケーションへの適応ハードルを低くし、信頼性と安定性・保守性を高めたアプリケーション開発が可能となるデータベースをご提供いたします。


<本件に関するお問い合わせ窓口>

株式会社アーリーワークス

E-Mailcontact@e-arly.works

© 2021 Earlyworks Co., Ltd