プレス

PRESS

アーリーワークスとバレットグループ業務提携 デジタル広告におけるブロックチェーンの有効性について共同検証を開始

2020/02/17

 株式会社アーリーワークス(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:小林聖、以下 アーリーワークス)とバレットグループ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:小方 厚、以下 バレットグループ)、は、ブロックチェーン技術がもたらすデジタル広告への影響の検証および広告業界が抱える課題の解決手法の実装に向けた業務提携を2020年2月より開始します。


◆デジタル広告市場における課題および業務提携により目指すもの

 デジタル広告市場はこの数年で大きな成長を遂げ、なかでもプログラマティック広告の台頭はデジタル広告の成長を牽引してきました。広告主、媒体社それぞれにとって便利になっていく一方で、アドフラウドやブランドセーフティ、ビューアビリティといった課題も浮き彫りになってきました。

 とりわけ利用者の不利益に繋がるようなクッキー等と用いた過度なトラッキング、リターゲティングは世界的にも問題視されており、ここ日本においても例外ではありません。

 そのような課題の解決をするためにブロックチェーンを用いた広告ソリューションが次々と生まれ、その可能性についてはすでに多く議論されておりますが、処理速度が毎秒2,000件ほどに留まる現在の技術では毎秒数十万~数百万の処理を必要とする現状のデジタル広告に採用するには不十分な性能であり、技術の向上が望まれております。

 そこでアーリーワークスが独自に開発を行った高スループット、ハイスケーラビリティのGrid Ledger Systemを採用し、バレットグループの持つデジタル広告の専門的知見および技術を掛け合わせ、デジタル広告の持つ課題を解決する手法について共同検証を開始してまいります。

 また、アーリーワークスへの出資会社であるマーチャントバンカーズ社および同社との合弁会社ブロックコネクティッド株式会社なども販売リソースや協業先の提供などの協力体制を構築し、アーリーワークスの持つリソースを最大限に活かしたシステム開発および販売体制を整備いたします。


◆各企業の役割

アーリーワークス:オリジナルアーキテクトによるブロックチェーン技術を駆使した超高速ブロックチェーン基盤(GLS)の提供およびデジタル広告におけるソリューションの実現方式の検討。

バレットグループ:パフォーマンスマーケティング領域では大手取扱実績を持つことでの最新ノウハウの提供、広告効果計測技術では20年以上の開発実績を持つエンジニア陣容の広告技術の提供。

-------------------------------------------
<本報道発表に関するお問い合わせ窓口>
株式会社アーリーワークス
E-Mail:contact@e-arly.works

バレットグループ株式会社
E-Mail:info@bltinc.co.jp
-------------------------------------------

※本資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容などは予告なしに変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

© 2020 Earlyworks Co., Ltd